事業内容

  労働者数50人未満の小規模事業場では、事業者が独自に産業医を確保し、労働者に対する保健指導、健康相談などの産業保健サービスを提供することが困難な状況にあります。このため、小規模事業場の労働者に対する産業保健サービスを充実させることを目的に、地域窓口(地域産業保健センター)が設けられています。

shineセンター事業は無料で事業者・従業員の皆様に提供しています。

健康診断後の対応
1.健康診断結果に基づく医師の意見聴取

  安衛法第66条の4に定めている健康診断結果についての医師からの意見聴取について、法律で定めている医師(産業医)が対応します。

2.脳・心臓疾患のリスクが高い労働者に対する保健指導

  労働安全衛生規則で定めている健康診断の結果で、脳・心臓疾患に関係する5項目(血中脂質検査、血圧の測定、尿中の糖の検査及び心電図検査をいう。)に異常な所見を有すると判断された労働者に対し、産業医または保健師が保健指導を実施します。

3.メンタルヘルス不調の労働者に対する相談・指導

 メンタルヘルス不調を自覚する労働者に対し、産業医、メンタルヘルスに対応可能な医師または保健師が相談・指導を行い、必要に応じ医療機関への受診を推奨します。

長時間労働者及びストレスチェックに係る高ストレス者に対する面接指導

  安衛法第66条の8に規定する面接指導(第66条の9の面接指導を含む)の対象となる労働者に対し産業医が対応します。また、ストレスチェックの結果、高ストレスであるとされた労働者に対し、医師が面接指導を行います。必要に応じて事業者に対する指導・助言も行います。

下記リンク先より地域窓口(地域産業保健センター)の詳しい事業内容を閲覧できます。

詳細http://www.rofuku.go.jp/sangyouhoken/tabid/333/Default.aspx

 

パンフレット