コンテンツ1

平成30年度鹿児島労働安全衛生大会のご案内

鹿児島県内の労働災害による休業4日以上の死傷者数は、近年増加傾向が続いていますが、平成29年は対前年比で24人現法したものの、1,961人(うち死亡者数21人)となるなど、多くの労働災害が発生しました。また、メンタルヘルス不調による休職が顕在化してきており、懸念されるところです。このような状況の中で、本年度も二つの特別講演を中心に大会が開催されます。事業者、安全衛生スタッフ、人事担当者、医療関係者等の方々の参加をお待ちしています。

  詳細  http://kagoshimas.johas.go.jp/information/H30kagoshima-anzeneiseitaikai.pdf