お知らせ

「平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況」(厚生労働省)

厚生労働省は、「平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況」をまとめた。
【ポイント】
1 総合労働相談、あっせん申請の件数はいずれも前年度と比べ減少、助言・指導の申出件数は増加。
  総合労働相談件数は110万4,758件で、10年連続で100万件を超え、高止まり。
・総合労働相談件数s 110万4,758件(前年度比2.3% 減)
  →うち民事上の個別労働紛争相談件数 25万3,005件( 同s1.0% 減)
・助言・指導申出件数 9,185件( 同s2.3% 増)
・あっせん申請件数s5,021件( 同s2.0% 減)

2 民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全てで、
s「いじめ・嫌がらせ」が引き続きトップ。s
s・民事上の個別労働紛争の相談件数では、72,067件(同1.6%増)で6年連続トップ。
s・助言・指導の申出では、2,249件(同1.9%増)で5年連続トップ。
s・あっせんの申請では、1,529件(同6.9%減)で4年連続トップ。

  詳細  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000213219.html