お知らせ

平成 29 年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果(厚生労働省)

厚生労働省では、「平成 29 年労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を取りまとめ、公表しました。
【調査結果のポイント】
  〔事業所調査〕
  ○ リスクアセスメントを実施している事業所の割合は 45.9%(平成 28 年調査 46.5%)
  ○ メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は 58.4%(同 56.6%)
  ○ 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は 85.4%(同 85.8%)
  ○ 平成 29 年7月1日が含まれる1か月間に 100 時間超の時間外・休日労働をし、医師による
 s面接指導の申し出があった労働者がいる事業所のうち、面接指導を実施した事業所の割合は
 s68.4%(同 68.3%)

  〔労働者調査〕
  ○ 現在の自分の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスとなっていると感じる
 s事柄がある労働者は 58.3%(平成 28 年調査 59.5%)
  ○ ストレスとなっていると感じている事柄(主なもの3つ以内)は「仕事の質・量」が 62.6%
 s(同 53.8%)と最も多い
  ○ 職場で他の人のたばこの煙を吸引すること(受動喫煙)がある労働者は 37.3%、そのうち、
 s不快に感じること、体調が悪くなることがある労働者は 38.8%s

詳細
報道発表資料
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h29-46-50_houdou.pdf
平成 29 年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h29-46-50_gaikyo.pdf