お知らせ

産業医制度に係る省令改正が行われ、6月1日から施行されます。(厚生労働省)

  省令改正は、近年、過重労働による健康障害防止対策、メンタルヘルス対策等が事業場における重要な課題となるなど、産業保健を取り巻く条項が変化していていることに対応して、産業医制度の充実を図ることを目的としたものです。
 改正の概要は次のとおりです。
(1) 産業医の職場巡視の頻度が一定の要件を満たせば、「毎月1回以上」から「少なくとも2か月に1回」とすることが可能となります。
(2) 健康診断結果に基づく医師又は歯科医師からの意見聴取を行う上で必要となる情報について、事業者は、医師等からその情報を求められた場合は、速やかに、提供しなければならないことになります。
(3) 事業者は、長時間労働者に関する情報(1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間の合計が1か月あたり100時間を超えた労働者の氏名及び超えた時間に関する情報)を産業医に、速やかに、提供しなければならないことになります。
(4) 有機溶剤中毒予防規則などの8省令について、健康診断結果に基づく医師師からの意見聴取を行う上で必要となる情報について、事業者は、医師からその情報を求められた場合は、速やかに、提供しなければならないことになります。s 
詳細http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T170414K0020.pdf