お知らせ

9月は、「職場の健康診断実施強化月間」です。(厚生労働省)

 労働安全衛生法に基づく定期健康診断等については、小規模事業場における実施率が低調であり、また、健康診断の結果についての医師の意見聴取及びその意見を勘案した就業上の措置(以下「事後措置等」という。)の実施率が非常に低調であるという統計調査結果があります。
 こうした実情を踏まえ、法に基づく健康診断及び事後措置等の実施を改めて徹底するため、厚生労働省では、平成25年度より全国労働衛生準備期間である9月を「職場の健康診断実施強化月間」と位置づけた集中的・重点的な取組を行っています。
  「職場の健康診断実施強化月間」の趣旨を踏まえ、事業場の健康診断と健康診断実施後の事後措置等の適切な実施に努めましょう。
詳細https://kagoshimas.johas.go.jp/information/h29.8.17.pdf