お知らせ

工業製品等における石綿含有製品等の把握の徹底について(厚生労働省)

石綿(アスベスト)は平成18年9月1日に使用などが禁止されました。ただし、禁止日時点で機械に組み込まれていた石綿含有部品などは、引き続き使用されている間に限り禁止が除外されるため、現在でも存在しています。
そうした石綿含有部品を交換・廃棄などする際は、労働者に対して「石綿障害予防規則」に基づく『石綿ばく露防止措置』を講じる必要がありますが、部品に石綿が含有されていることが把握されておらず、適切な措置が講じられなかった事例が散見されています。

【石綿含有部品の把握漏れをなくすための5つの対策】
○ 石綿に関する情報を、部署間で共有してください。
○ 関係するすべての作業で、石綿の含有を確認してください。
○ 譲渡時には、譲渡先に石綿の情報を伝達してください。
○ 石綿の情報を正しく整理して、確実に把握してください。
○ 石綿を多用している機械設備は、部品をすべて確認してください。s

 詳細
 石綿パンフレット等
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000028652.html
 機械設備の石綿含有部品を把握していますか?
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000187165.pdf