お知らせ

「伐木等作業における安全対策のあり方に関する検討会」の報告書の公表(厚生労働省)

厚生労働省は、3月6日「伐木等作業における安全対策のあり方に関する検討会」(座長:広部伸二 元独立行政法人森林総合研究所企画部研究協力科長)の検討結果について報告書をまとめ、公表しました。
【報告書のポイント】
1 チェーンソーによる伐倒時に受け口を作るべき立木を、胸高直径40cm以上から20cm以上と
 sすること。
2 sチェーンソーによる伐倒時に、伐倒木の高さの2倍の範囲を立入禁止にすること。
3 かかり木処理の方法として、かかられている木の伐倒、浴びせ倒しを禁止すること。
4 チェーンソーによる伐木等作業時に、下肢を防護する防護衣の着用を義務付けるべきこと。
5 チェーンソーによる伐木等作業に係る教育の充実を図ること。

 詳細http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000196140.html