お知らせ

労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針(厚生労働省)

厚生労働省では、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」による改正後の労働安全衛生法第104条第3項に基づき、「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」を策定し、公表しました(平成31年4日1日適用)。

詳細
厚生労働省報道発表資料 
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01170.html
労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針
https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/000343667.pdf