お知らせ

労災疾病等医学研究普及サイトのご案内 ~「メタボローム」~(労働者健康安全機構)

労働者健康安全機構では、労働災害の発生状況や行政のニーズを踏まえ、労災補償政策上重要なテーマや新たな政策課題について、時宜に応じた研究に取り組んでいます。
s今回は「メタボローム」の紹介です。
「メタボローム」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「メタボリック」ではありません。



メタボ1.jpgメタボ2.jpg

「メタボローム」とは細胞内代謝によって作られた低分子化学物質の総体を指す呼称で、核酸(DNA)やたんぱく質のほか、糖・有機酸・アミノ酸など数千種に及びます。このメタボロームを解析することで、さまざまな疾患の発症を予測できる可能性があると考えられています。

① 過重労働・ストレス下における心疾患イベントを予測する因子

メタボローム解析を行うことにより、過労死の要因となっている「心臓疾患」発症に至る予測因子、関係因子となりうる定量的マーカーの推測・同定を行い、労働者の過労死予防につなげることを目的とした研究です。

② 早期慢性膵炎の疾患概念の研究と新規診断法の開発

メタボローム解析を行うことにより、勤労男性に発生率の高い早期慢性膵炎の疾患概念を明らかして早期診断法の開発を行うとともに、早期慢性膵炎と職場ストレス等との関連について検討する研究です。

参考 http://www.research.johas.go.jp/metabolome/