コンテンツ1

2010年5月

2010年5月の記事一覧です。

こいのぼり.gif

鹿児島産業保健推進センター メールレター 2010/05/06
発行:鹿児島産業保健推進センター 所長 川元孝久


相談員からのメッセージ

「 教え育てる 」

基幹相談員 (担当分野:労働衛生工学) 黒沢 郁夫

教育とは、単に物事を教えることではなく、教えた後実践できるように育てなければなりません。そのためには、教え方が大切です。「相手が覚えていないのは、教え方が悪いからだ」ということをいつも心に銘記しておかなければなりません。
例えば、有害業務で労働衛生保護具の着用がルール化されているにも拘らず、着用したり、着用しなかったりする人に対して、「本人が悪いと」一方的に注意するのは適切とは言えません。 なぜ保護具着用が必要なのか、最初にその理由をしっかりと教えるべきです。
また、同時に相手が納得したことを確認すべきです。保護具を着用することが、自分自身のためと心底から気づけば、自ら率先して保護具着用に努めることが期待できます。教え方が良ければ、育て甲斐をより実感できるものと信じています。

 

おすすめ教材(無料貸出し等)

当センターでは、産業保健に関する図書・ビデオ・DVDを閲覧できます。図書・測定機器は無料貸出も行っておりますので、是非ご利用ください。(ビデオ・DVDは、センターでの視聴のみ)

快適・職場づくりシリーズ 第3巻 禁煙・分煙 (ビデオ、18分:4-186)

○5月31日~6月6日は「禁煙週間」期間です。
【内容】
今日、会社等でも分煙が当たり前となってきました。その際の効果的な禁煙方法と、「分煙」を職場ぐるみで進める方法について専門家の意見を交えて解説します。

ごみ焼却施設におけるダイオキシン類対策 (図書、5-8)

○5月30日~6月5日は「ごみ減量・リサイクル推進週間」期間です。
【内容】
ごみ焼却施設におけるダイオキシン類対策について、焼却炉周辺の作業場の環境測定方法・評価方法や呼吸用保護具の使用を解説してあります。

 

5月のセンター関連行事

  • 5月 6日(木):メールレター第86号 配信
  • 5月23日(日):安全衛生コンサルタント会支部総会
  • 5月27日(木):局署・コーディネーター会議
                     コーディネーター研修会

 

研修セミナーのご案内

すべてのセミナーにどなたでもご参加いただけます。

(5月)

       ▽ 5月 7日(金):長時間労働者の面接指導

       ▽ 5月15日(土):作業環境測定と事務所衛生環境測定(実技)

       ▼ 5月19日(水):リスクアセスメントの概要と演習

       ▽ 5月26日(水):双極性障害

       ▽ 5月26日(水):労働衛生関係法令

(6月)

      ▽ 6月15日(火):作業環境管理と熱中症予防のための環境測定方法(実技)

      ▼ 6月25日(金):メンタルヘルス・カウンセリングのコツ~メンタルヘルス・カウンセリングのいろいろ~

      ▽ 6月30日(水):健康診断の結果と事後指導

(7月)

       ▽ 7月10日(土):健康づくりのための運動指導について

       ▽ 7月17日(土):作業環境管理と熱中症予防のための環境測定方法(実技)

       ▽ 7月22日(木):THPの紹介と運動基準・運動効用について

       ○ 7月26日(月):改善事例から面接技法を学ぶ~依存行動の人間理解~

       ▽ 7月29日(木):うつ病・適応障害の職場復帰(事例検討)

 

▽…産業医対象で、産業医認定単位があります。
▼…衛生管理者、産業医対象ですが、産業医認定単位はあります。
○…保健師対象ですので、産業医認定単位はありません。


 

所長より一言

平成22年度が始まって1月が経ちました。各事業場においては、従業員の新規採用や異動、配置換え等により、職場の雰囲気はがらりと変わったことでしょう。昨年の今頃はメキシコで発生した豚インフルエンザにより、世界中の国や地域がその流行阻止のため一時混乱しましたが、我が国では侵入防止と流行予防にいろいろな対策がなされ、死者はそれほど多くありませんでした。しかしながら、秋になり流行の再燃を指摘する専門家もいます。油断は禁物です。
さて、5月と言いますと、木の芽が青々と茂り、心地よい気候になる一方、異動等による人間関係や職場の快適性が失われがちです。貴職場では、従業員の気持が落ち込んだり、憂鬱となり、うつ状態に陥ったりする者が増えていませんか。特に、新規採用者には仕事への緊張や先輩たちへの気遣いで、気持の不安と精神的な疲れで、いわゆる五月病になる者が増える傾向にあります。新しい職場への適応不安や心の安定を欠く者を認めたら、早めに地域産保センターや当推進センターにご相談下さい。


菖蒲・つつじ(青).gif

 

 

お知らせ

メンタルヘルス対策支援センター(鹿児島産業保健推進センターに設置)業務の充実
~ こころの健康 ~

前年度に引き続き、平成22年度の厚生労働省委託事業として、個別のメンタルヘルス不調事案についてのメンタルヘルス不調の予防から職場復帰支援までのメンタルヘルス対策全般について対応する総合相談窓口としての機能を果たすとともに、事業場に対するメンタルヘルス対策の周知や同対策構築のための個別支援、事業場の職場復帰支援対策への助言、事業場、相談機関、医療機関等関係者間のネットワーク構築等の職域におけるメンタルヘルス対策についての幅広い支援機能を担うこととなりました。メンタルヘルスに取り組んでいない事業場のその主な理由として、「専門スタッフがいない」及び「取り組み方が分からない」が挙げられていますので、事業者の取り組みに当たっては当センターを是非ご利用ください。
新たに、事業場の管理監督者等に対し、「労働者の心の健康の保持増進のための指針/厚生労働省作成」に定められている管理監督者の役割や「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰の手引き」に基づく管理監督者の取組事項などに関する教育を1事業場に1回限り、当支援センター所属のメンタルヘルス対策促進員が行えるようになりました。

 

平成22年度地方労働行政運営方針

平成22年4月7日付けで厚生労働省より平成22年度地方労働行政運営方針が策定されました。
(厚生労働省大臣官房地方課)

内容» http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000005ngw.html

 

平成22年度鹿児島労働局行政運営方針

内容» http://www.kagoshima.plb.go.jp/info/sisaku/sisaku01.pdf

 

平成21年労働災害発生状況/鹿児島県内 確定版

内容» http://www.kagoshima.plb.go.jp/etc/toukei/saigai/saigai21.pdf

 

安全衛生関係主要様式

厚生労働省ホームページに安全衛生関係主要様式が掲載されました。(厚生労働省安全衛生部)
現在、掲載準備中の様式もありますが、ワード・エクセルで作成されており、そのまま使用できます。

内容» http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei36/index.html

 

自殺対策強化のための基礎資料

内閣府のホームページで自殺対策強化のための基礎資料が紹介されています。(内閣府共生社会政策統括官)

内容» http://http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyouka_basic_data/h21/index.html

 

平成22年度世界禁煙デー及び禁煙週間

厚生労働省より、平成22年度「世界禁煙デー」における取組及び「禁煙週間」の実施について公表されました。(厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室)

  • 世界禁煙デー 5月31日(月)
  • 禁煙週間   5月31日(月)~6月6日(日)

内容» http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en/10.html

 

 

チューリップライン.gif